POLAR (ポラール) V650 レビュー

 サイクリングをしているうちにだんだんとリアルタイムで速度・距離・ケイデンス・心拍数・現在位置・消費カロリー等々を知りたくなります。そんな時に必要なのが「サイクルコンピューター」。これがあるとただ走るよりも楽しくなります。サイコンといえば真っ先に出てくるのが「GARMIN」か「CAT EYE」だと思います。いかにもローディーな人たちが使っているのはだいたいGARMINです。サイクルイベントや近くにいるローディーから「ビーッ」と電子音がするアレです。知らなくても検索して最初に出てくるのがこのメーカー。そのほかにはwiggleでも取り扱いのある「Lezyne」等もあります。最初はCAT EYEの入門機を使用していましたがGPS機能や斜度計測機能も欲しくなりPOLAR(ポラール) というメーカーの「V650」を購入。GARMINも検討しましたが主に価格の部分でV650です。一番の懸念としてGARMINよりも圧倒的にレビュー情報が少ないこと。情報収集に困りましたが清水の舞台から飛び降りる気持ちで購入したわけです。前フリが長くなりましたがPOLAR(ポラール)の「V650」を購入してからほぼ2年経過したので使用しての感想等をまとめようと思います。

*発売当時から色々と機能がアップデートされているのであくまで現状のV650のレビューと思って読んでください。

本体

 大きいです。ロードバイクに取り付けると写真のような感じです。サイコンというよりもスマホの感覚です。CAT EYE等々と比較すると雲泥の差です。ただ、このあたりは液晶サイズとトレードオフではあります。私はこのあたりは織り込み済みで購入しているので気になりません。サイズを気にする場合はモノクロ液晶ですが「M460」という機種もあります。

液晶

 私が値段を気にしつつもM460にしなかったのはカラー液晶ではなかったからです。後述の活動量計A370にも同じことが言えますが心拍ゾーン等がカラー表示だとチラリと見て把握できます。ライド中にまじまじと数字を確認するなど事故の元です。肝心のライド中の視認性ですが、液晶が大きく文字サイズも大きいのでとても見やすいです。カスタマイズ性も優秀で速度・距離・時間・ケイデンス等表示する項目を編集できるので、表示画面を切り替えなくても常時把握しておきたい項目を1画面で多めに表示できます。優先度の低い項目は本体サイドボタンで切り替えられます。また、マップや心拍数表示ではカラー液晶の恩恵を感じます。映り込みがあるのでどうしても気になる場合は液晶フィルムをAmazonで調達するのも手です。

タッチ操作

 V650は赤い大きなボタンやサイドスイッチが付いていますがタッチ操作が可能です。AppleのiPhoneのようなタッチ精度を期待するとガッカリしますが酷くはないです。サイクル用グローブでも感知します。走りながらの地図拡大等の操作は危険なので殆ど行いませんが不可でない操作感です。ただ、どうしても地図を確認したい場合は停車してGoogleマップで確認します。その方が安全ですし精度も高いです。

マップとルートナビ機能

 マップについてオフライン用のマップとして「Open Street Map」をダウンロードして読み込みを行うと表示できます。ルートナビ機能はアップデートで追加された機能です。ナビで使用するルートはルートラボ等で作成したルートを後述のポラールフロー経由でインストールするとルート表示ができます。読み込んだ地図を元にルートナビ機能でガイドさせるわけです。実際に数回使用しましたが殆ど出番はありません。「サイドボタンで表示項目を操作してもすぐにルートナビ画面に戻ってしまう」、「現在位置をよくロストする」、GPS通信で「現在位置を検出しましたメッセージが頻繁に出てきて鬱陶しい」のが原因です。私は輪行での遠征時は入念に調べてから行くことと山や田舎はそこまでルートが分岐していないので使い所が殆どありません。また、決めているルートを外れて寄り道することも多いので私の旅スタイルにはマッチしにくいのです。どうしても地図確認が必要ならスマホでGoogleマップを使います。このナビ機能はサイクルイベントやレース等決まったルートをとにかくひた走る時のみ効果を発揮する機能と言えるでしょう。

センサー

腕時計型活動量計「A370」とペアリング(お世辞にもペアリングがすんなりとはいかない・・・)

 POLARはセンサーにGARMINに代表される「ANT+」ではなく「Bluetooth」を採用しています。パソコンでもおなじみの通信規格で汎用性があり、センサーとリンクしてしまえば計測は特に問題ないと思います。ただ、センサーとリンクするまでが厄介で「センサーを検索」しても見つけられないことがあります。これは後述のV370とのペアリングも同様。自転車屋さんで聞いた話ですが、ANT+と比較して繋がるまでの時間がかかるのもBluetoothの欠点のようです。ちなみにセンサーとのリンク以外にも本体の起動時間も遅いと感じます。

 センサーは同社から「ケイデンスセンサーBluetooth Smart」というセンサーが出ており、自転車に装着することで車輪の動きや位置情報を計測し各データを取得することができます。ロードバイクについてはTREKを使用している関係で「Duotrap S」、DAHON Dash Altena はキャットアイの「スピードケイデンスセンサー ISC-12 」というセンサーを使用していますが特に問題なく使えています。心拍数については胸バンド形式のセンサーがセットになったパッケージも発売されていますが、取り回しとサイクリング以外でも活動量を測りたかったので同社の「A370」を使用しています。A370は一般的な活動量計と同じ機能を搭載しつつV650にBluetoothで心拍数データを送信することができ心拍数や消費カロリー計測が可能になります。

Polar Flow

参考でAACR時の白馬エリアのログデータ

 「Polar Flow」というクラウドサービス経由で本体のアップデートやアクティビティデータの同期・管理を行います。ちなみにアップデートでローディー御用達のSTRAVAに同期することも可能になっているようです(アカウントはあるけど使っていないです)。他と比べてショボいという評価があるクラウドサービスですが機能面よりはユーザーの少なさによるデータ取得に難があるんだろうなという印象です。個人的にはカレンダー表示や各アクティビティの表示等のデータは見やすいと感じます。

どういう人にオススメか?

 

「サイコン欲しいけどGARMIN買うお金が出せない人向け」

・・・というのは投げすぎなので補足。サイコンについては単純に距離・速度・時間を把握するだけならCAT EYEの5千円前後の製品で十分です。そこから踏み込んで斜度・ケイデンス・心拍数等々の計測やトレーニングの実施、マップ・ナビ機能が欲しいけどGARMINは高くて手が出ないという人に向いていると思います。ただし、ハッキリ言って機能面等あらゆる部分でGARMINが優れています。頑張ってお金が出せるなら無難にGARMINを買うべきです。マウントアダプター等のオプションもサードパーティー製含めて充実しています。私の場合はGARMINどころかV650も全機能をフルで使う場面は無いのでV650で充分だったと思います。さらに言えば大型カラー液晶に拘らなければもっとお手頃価格で「M460」があります(後から発売されてせいかこっちの方が高機能・・・)。GARMINほど高機能・高価格は必要ないという方にはPolar のサイコンで良いと思います。