JAMIS(ジェイミス) RENEGADE S2 (レネゲードS2)の実走インプレ

 新型コロナウイルスの影響で遠出は厳しいですが健康維持のための散歩として河川敷を走っています。あるスポットでは芝桜も咲いているので見物がてらのサイクリングです。

 先日納車したJAMIS(ジェイミス)の「RENEGADE S2(レネゲードS2)」は舗装路メインではありますがそこそこの距離を走り込んでロードバイクやROVE STとの違いも把握できてきたので気づいた点などを挙げてみたいと思います。

舗装路での走行

 別で所有しているKONAの「ROVE ST」で想定できていましたがロードバイクのような高速域は厳しいです。「フロント40T×リア11T〜42T」という軽いギア比なので常時25km〜27km出せていれば良い方です。同じギア比のROVE STより若干速度が出ているのは車体重量とホイール径の違いからだと思います。個人的にメリットだと思うことはギア比の関係で否応なく「ケイデンス重視のペダリング」をせざるを得ないので有酸素運動としては大変有効という点です。

 タイヤについては吊るしの状態での感触を知りたかったのでまだ購入時のWTB RADDLERを履いています。このタイヤは「舗装路でも充分走れるけど最適ではない」という印象。グラベルキングSKほどの抵抗はありませんが舗装路で使うには過剰かつ勿体ないと思います。舗装路メインで走るならグラベルキングなどスリックタイヤにすることをオススメします。

砂利道での走行

 河川敷に行くと写真のような砂利道や未舗装路もそこそこ存在します。こういう場所を走ることで実際のダート区間にどの程度対応できるかも予測は立ちます。

 実際に走ってみるとパンクやハンドルを取られるような心配はありませんが振動については体感としてロードバイクとあまり変わりませんでした。ROVE STよりも格段に路面のギャップを拾っています。ROVE STで650bサイズの乗り味を知ってしまっていることもありますがタイヤのエアボリュームについて若干の物足りなさを感じます。短いダート区間なら問題ありませんが10kmなど長めの距離を走ったり、そこそこの斜度の登坂が発生するのであれば650bホイールに変えたいところです。もしくはチューブレス化も考えるべきなのかもしれないです。

総じて良くも悪くも「器用貧乏」

 誤解されそうな見出しですがグラベルロードとしては褒め言葉です。空気圧も変えつつ走ってみましたが舗装路ではWTB RADDLERタイヤが邪魔をし、砂利道では700cホイール径ゆえにエアボリューム不足を感じるなど「帯に短し襷に長し」な印象。これはグラベルロードカテゴリ全般に言えるものでロードバイクとマウンテンバイクの中間的立ち位置ゆえに止むを得ないところだと思います。ただ、以上のことは良く言えば「高い汎用性を持っている」ということです。ロードバイクと異なり不安無く砂利道・ダート区間に突っ込んでいけることは大きなメリットと言えます。また、アイレット(ダボ穴)を豊富に備えているのでキャリアの取り付けなど「高い積載能力と拡張性」もありサイクリングからツーリングまで幅広い場面をそつなくこなせる自転車だと思います。「ツーリング向け機能」を求めないならエンデュランス系ロードバイクを選ぶべきです。

どういう人に向いているか?

 以前試乗した時の評価と少し変わるのですがRENEGADE S2はグラベルロードカテゴリとしては軽量かつ汎用性が高いので「最初の1台」として購入するのに最適と言えます。使用用途を限定せずに乗りたいという方にはオススメです。S3と被るところはありますが様々な部分で完成度は上だと思います。このあたりは予算や他に所有している自転車の有無や性能次第といったところでしょうか。フロントシングルでロードバイク並みの速度は出せませんがその分扱いやすいです。また、先にも述べたように走破性・高い積載能力・拡張性」を求めるなら本モデルはオススメです。ROVE STにも乗っている経験で言えることですが、ロードバイクでは躊躇するような脇道にも突っ込んで走れるととても楽しめます。

 ちなみに「すでにロードバイクを所有している」という人だとROVE STくらいにグラベル寄りに振ったものでないと差別化できないと思います。私が実家(長野県)にROVE STを残置してきたのもこの辺りが理由です。長野県だとマウンテンバイクかグラベルロード(太いタイヤの自転車)の方が楽しめると思います。

その他

  一つ想定外だったこととして各アイレット(ダボ穴)についているネジが六角レンチで外せなかったこと・・・。よく見たら「六角の星形」のネジでした。調べてみると「トルクスレンチ」なる道具が必要みたいです。昨今、ロードバイク界隈で少しずつ増えている・・・?

 他には納車日に外れてしまっていたトップチューブのダボ穴キャップ。そのままなのも気持ち悪いのでダホン君に付いていたキャップを流用。グレーなので本体色とぴったりで悪くない感じ。