街乗りにグラベルロードは有りか?

 グラベルロードは太いタイヤにディスクブレーキを備え、キャリア類が取り付け可能という拡張性から街乗り含めて多用途に使えるという宣伝文句が見られます。この宣伝文句については個人的には半分正解で半分不正解かなと思っています。「ただ走る」と言う場合は除きますが、次に挙げる問題が解決できたら街乗りも含めてオールロード的な使い方ができると思います。

駐輪用の装備

 街乗りでも使いたい場合はキックスタンドなど駐輪用装備は必須だと思います。必ず壁など立てかけられる環境があるわけではないのでスタンド類が無いと非常に不便です。サイクルラックがあれば別ですがタイヤを差し込むタイプの駐輪場ではラックにタイヤが太くて入らないケースもあります。ただし、スタンドの装着についてはモデルによってフレームの素材や形状といった部分で取り付けに制限があります。

 例としてKONA ROVE STはシートチューブとタイヤの間にクリアランスがありセンタースタンドが取り付けられます。一方でRENEGADE S2はクリアランスが無いのでセンタースタンド取り付けは絶望的です。

 その他にチェーンステーに取り付けるキックスタンドがありますがフレームへの負荷を考えるとお勧めしにくいものがあります。それなりの重量になるグラベルロードだと片側スタンドは不安を覚えます。特に締め付けトルクの関係からカーボンフレームはやめておいた方が良いでしょう。

盗難対策

 あくまで傾向としての話ですがグラベルロードもロードバイク同様のパーツ構成・ドロップハンドルから泥棒に狙われやすいと言えます。このあたりはミニベロロードも同様です。ロードバイクなどの盗難は基本的にパーツ目的が多いので一目で標的になりやすいと言えます。一時的な駐輪でもリスクが大きいですがそれが通勤・通学となると長時間の駐輪になるのでリスクが増します。

 対策としては人目が多くあるところに駐輪し複数のカギや取り外し可能なペダルを導入するなど「時間がかかって持って行きにくい」状況を作ることくらいだと思います。また、通勤・通学用途長時間の駐輪をする場合は重くなっても頑丈なカギを選んだ方が良いでしょう。それでも完全とは言えませんし、どんなに安いモデルでも10万円前後であることを考えると長時間駐輪するのはいずれにしてもリスキーだと思います。

用途に合わせた自転車に乗るのが無難

 ここまでに挙げた駐輪と盗難対策の問題が解決すれば街乗りでも活用しやすいと思います。一台でなんでもこなせるのが理想ですが仕様や環境面を考えると「用途に応じて道具を変えるのが無難な対処方法」というのが答えだと思います。