「BikenHikeFrontBag」はドロップハンドル向けフロントバッグの最適解か

 ロードバイクやグラベルロードバイクなどで極力バックパックは背負わずに自転車本体にバッグ類を装着することでキャンプやツーリング装備を収納しようという「バイクパッキング」。サドルバッグ、フレームバッグを使用していますが「フロントバッグ 」については今までしっくり来るものに出会えていません。

 フロントバッグも多種多様な製品が出ていますがロードバイク に代表される「ドロップハンドル」に装着する場合はステムによってハンドル下の空間が開いてしまい荷物の重さでお辞儀してしまったりガクンガクンとバッグ自体が揺さぶられてしまうケースがあります。また、しっかり固定するにもハンドル周りのブレーキ・シフトケーブルが干渉してしまいます。モンベルのフロントバッグ も持っていますが同様の問題でほとんど使っていません。

 私は勝手に「フロントバッグ 問題」と名付けていますが、他のサイクリストはフロントバッグ でこの問題をどうしているのかとても不思議です。不便に感じていませんか?

 そんな中、「BikenHikeFrontBag」というフロントバッグ 問題を解決できそうなアイテムがRawlowMoutainWorksさんから出ていたので購入してみました。

 外観は相変わらずRawLowさんらしい可愛らしいオシャレなデザインです。もちろん機能重視ですが「見た目」8割で買ったようなものです。結論を先に言ってしまうと私と同じく「フロントバッグ 問題」で困っている人にはとてもオススメのアイテム です。

 4Lメインバッグ・2Lのポーチ状サブバッグ・スマホケースの3パーツ構成です。それらをベルクロで接続します。

 容量はフロントバッグ として考えるとちょうど良いサイズ感だと思います。他社製品では大容量フロントバッグ が出ていますがあまりに大容量だと普段使いではオーバースペックですし、荷物の入れ過ぎによってハンドルが取られる恐れもあります。他のバッグ類も併用することを考えればこのくらいがハンドル幅も選ばず使いやすいと思います。このサイズならクッカーなどを入れて目的地でコーヒーを淹れるなんてことも可能です。

 このフロントバッグ がドロップハンドルへの装着をよく考慮している由縁がこの2Lサブバッグの存在。

 こんな感じでメインバッグの後ろにベルクロでピッタリと接続して使います。

 実際にRENEGADE S2に装着してみました。ハンドル周りのケーブルは干渉しますがメインバッグとサブバッグで無理やりサンドイッチして取り付けています。フロントシングルでケーブルが1本少ないのでなんとかなったと言えます。ベルのところでストラップの取り回しに少し無理がありますが・・・。

 ドロップハンドルのステム下の空間にはサブバッグがうまく収まっています。少しつぶれていますが中身が空っぽなため。他社製品にはステム下に緩衝材を設けている製品も存在しますが、こちらはその空間もストレージにしてしまおうという発想です。このサブバッグのおかげでメインバッグが荷物の重量でお辞儀したり上下にガクンガクン揺れるのを防止できます。

 ステム下にあるサブバッグについて荷物が取り出しにくいのではないかと思いますが、ジッパーがサイド面まで開くので問題ありません。取り出しや形状を考えると携帯ポンプや携行補給食など長細いものを収めるのが良さそうです。

 バッグの取り付け方法についても工夫が見られます。メインの取り付け用ストラップはダブルバックル仕様になっています。さらに「取手部分」が付いているのでしっかりストラップを締めて固定することができます。

 そのほかメインとサブのそれぞれにドローコード を付けられます。このドローコード をトップチューブなどに括り付けるのですがハンドル周りの状況でいかようにも取り回せます。メインバッグのドローコード は下からサブバッグを支えるように取り付けると安定します。

 肝心のバッグとしての機能ですがメインバッグはフロントカバーを開く形なのでサイドのロールアップよりは取り出しやすいと思います。カバーを開けるとフロントポケットもあります。内側は何気に他製品で採用される「X-pac」と同じ素材みたいなので防水仕様です。ちなみに巾着部分のシンボルマークは東京都足立区のマークなのだとか。創業地だから?

 また、バッグ内の壁には黒いゴムベルトが縫い付けられておりタイヤレバーなど小物類を差し込んで固定しておくことができます。この黒いゴムは小物を差し込むためだけではなく内側に縮んで「コンプレッション機能」になっているようです。パンパンに荷物を詰め込んでも動いたりバッグが膨らんだりするのを防止しているようです(実際にそこまで詰め込むことは無さそうですが)。

 サイドポケットも付いているので補給食や工具などを入れたり使い所は多々あります。

 メインバッグ上部に付いているスマホケースは位置的にマップや行程表などを入れても便利だと思います。

 自転車を離れる際は付属のストラップでショルダーバッグとして運用することもできます。同じRawlowさんの「Bike’n Hike Bag」はバックパックになるので組み合わせて使用すれば輪行時も大きな支障はないでしょう。

 ただ、先述の通りガッチリ固定できる分、外すのが手間なので収納物によってはバッグを付けたまま輪行しても良いのかなと思います。

 実際に取り付けてしばらく走ってみましたがしっかり固定できてハンドリング時にあまり重量感を感じないところが魅力的に感じます。また、デザインや色使いから街乗りなどのカジュアルライド含めて幅広い場面で使えます。街乗りくらいであればこれ一つあれば問題ないでしょう。

 「BikenHikeFrontBag」はドロップハンドルなどステムがあるハンドルへの取り付けなどネガティブな問題も解決できる「最適解」とも言える製品だと思います。