DAHON Dash Altena カスタム(ブルホーンバー化 と105換装)

 2018年末にブルホーンハンドル化と105への換装と大がかりなカスタムを行いました。前の記事の通り、購入してすぐにタイヤやサドル等を交換し問題なく乗っていましたが、ある時期からクランクまわりで謎のカチカチ音が発生。お店で診てもらっても最後まで原因は不明でした。その他にも元から付いているクラリスの変速のモッサリ感が気になっていたこともあり、所有しているロードバイクの変速感に近づけたいと思うようになりました。ケーブルも交換するなど大掛かりな作業になるのですが私にそんなスキルは無いのでショップに依頼する必要があります。探してみると遠すぎない距離でミニベロに詳しく、カスタムもやって頂けるお店はそう多くなく困りました。同じモデルのブルホーン化の記事で知った「サイクルハウスしぶや」さんに相談して作業をしていただきました。

*お店のサイトのブログを覗いたら私の自転車が出ていました。偏執的にブラックカラーに拘ってはいませんが統一感は欲しいとは思っています。本記事の最後にも書いていますがデザインは重要。

なぜブルホーンハンドル?

 ドロップハンドルは便利ですが関東の平地メインで走る分には「下ハンドルを使う機会が殆ど無かった」・「違うものを使ってみたいという好奇心」が導入の大きな理由です。また、かつて存在した「DAHON Mu Elite」「サイクルガジェット」さんでブルホーンハンドルを見かけて前々から興味があったことと実際にブルホーンハンドルモデルに試乗して操作が面白かったことが背中を押しました。他にもSTIより費用が抑えられるといった予算上の理由もあります。ブルホーンハンドルといってもバーの形状やブレーキレバー・シフトレバーの位置の組み合わせは多種多様。操作のしやすさやMu Elite のデザインが好きだったことから写真のような配置でお願いしました。

変速関係

 105へのコンポ換装は軽量化や速度向上ではなく「操作性の向上」が目的です。所有しているロードバイクと比較するのは酷な話ですがクラリスの変速感とクランクの剛性は気になっていたことから思い切って105にしました。問題のクランク周りの異音の解決だけならクランクセット交換でも良かったのですが、クラリスのクランクセットには50T以上の歯数がありません。あまりロードバイクのパーツについて詳しくありませんがシマノのアルテグラや105等のクランクセットにはホローテックⅡというもので標準のクランクセットとは剛性に差があるようです。ロードバイクと同じくアルテグラにすれば話は早いのですが予算の都合です。また、ミニベロだとロードバイク規格のクランクが搭載できないケースもありますがDashシリーズはロードバイクと似たようなフレーム形状だったのでクリアできました。

ホイール

 変速を8速から11速に変更するので後輪のハブも交換となりました。ホイールについてもいくつかのカスタム関係の記事でも見られる 「ALEX RIMS」も案内されましたが予算とデザインで「TNI エボリューションライトハブ」+オリジナルリムの組み合わせでホイールを組んでいただきました。 前輪はそのままなのでデザインの統一性を優先しました。走りの部分でALEX RIMSにすれば軽量化にもつながるのですが、それは求めていないので今回は見送りです。

バーコントローラー

 「サイクルガジェット」さんの記事も参考にシマノの「SL-BSR1」を指定。記事にもありましたが実際に操作してみると変速時のレバーの感触は製品ごとにかなり違いがあります。「SL-BSR1」はデュラエースグレードだからなのかわかりませんが操作感は頭一つ抜けたものがありカッチリ安定して操作できます。色もブラックですし。また、値段があまり変わらないことからボトムブラケットを「BB-R9100 BC137 (68mm JIS) 」にしたのでバーコンとBBだけはデュラエースになりました。

 余談ですが試乗車に乗って驚いたのが搭載されていたテクトロのブレーキの効かなさ…。ブルホーンハンドルでブレーキレバーを一杯に握ってもズルーっと進み続けてビックリ。ブレーキ本体もさることながらシュー部分が良くないようです。やっぱりテクトロブレーキは即交換が良いと改めて感じました。(シマノでもブレーキシューだけデュラエースにしても効果があることは体験済みです)

費用

 ブルホーンハンドル化・105への換装・ホイール組み(後輪)等で工賃込みで約13万円ほどでした。ブルホーンバーにするだけならパーツ選択によりますが工賃含めて3万円あたりで可能だと思います。自分で作業できる技術と時間があれば通販で安くパーツを調達し下げることもできるでしょう。今回は11速対応ホイールを組みという「11速の壁」と「クランク」の価格が大きかったです。大きな差ではないですがSTIにするよりは安く抑えられました。

実際に走ってみた感想

 カスタムの動機にもなったクランク周りの異音は解消。ペダルを踏み込んだ時の剛性感向上も実感できました。

 変速に関してはクラリスと比較してカッチリとスパスパ変速が決まります。変速は写真のような感じでレバーを倒したり起こしたりと操作します。見てわかる通りレバーに手を移動させて操作する必要があります。そのため変速のタイミングは多少気を使います。人混みや道路状況によっては変速操作をしない方が良いと思います。交換してから気づいたことですがフロントギアについてはバーコントローラーでディレイラーの細かい位置調整が可能になったのでSTIのトリム操作より使いやすくなりました。バーコンの操作感としては「マニュアル車の操作感」というのが一番しっくりくると思います(AT車主流の時代に果たしてこの表現がどこまで通づるものか…)。いずれにしてもSTI操作とは違った楽しさは味わうことができます。

 他にはブレーキレバーがドロップハンドルの下ハンドル同様にグッと握り込めるのでしっかりとブレーキがかけられます。この点は握力が弱い方等にも向いているハンドルだと思いました。

軽量化も達成

本来の目的ではありませんが僅かながら軽量化も達成しました。と言っても持ってみた感覚でのお話です。クラリスのパーツより軽量な105への換装、下ハンドル分のハンドルバーが無くなったこともありハンドル周りが明らかに軽く感じます。なぜ「感じ」という表現かというと吊り下げ式の計量器を持っていないので具体的な数字は不明だからです。Dash Altena は公式サイトではLサイズ10.9kg(おそらくペダル込み?)とのこと。いずれ計量してみたいと思います。ただ、10kg~12kgあたりの差はヒルクライムやレースにでも出ない限り気にするものではありません。輪行の時に恩恵があるといったところでしょうか。

*後日計量した記事はこちら

初めてショップさんにカスタムを依頼しましたが「操作性の向上」という初期の目的を果たすことができました。ブルホーンハンドルはサイクルイベントでは使用禁止であったり下ハンドルが無いことなど欠点はあります。しかし、フラットバーハンドルと比較して長距離を走りやすく、ドロップハンドルより構造が単純でブレーキもかけやすいと思った以上に使いやすいインターフェースだと感じました。