「究極のブロッコリーと鶏胸肉」を注文してみた

 昨今、流行という時期を通過しある程度の認知度を得た「糖質制限」。やり過ぎは良くないのですが昼間に眠くならないなど一定のメリットはあります。そういった糖質制限の定番メニューに「鶏胸肉とブロッコリー」の組み合わせがあります。低脂質高タンパクで野菜も摂れる黄金コンビと言えます。

 この組み合わせは簡単に自炊できますが、それをそのまま販売しているのが「究極のブロッコリーと鶏胸肉」。名前そのままです。オリジナリティがあるとすればドレッシングの種類くらい。ウーバーイーツで見かけて興味があったので今回注文してみました。

 注文したのは300gです。これにドレッシング2つ。今回は塩胡椒とノンオイル旨しおドレッシングを選択。

 ブロッコリーばかりだと思ったら意外と鶏胸肉も多く食べ応えがあります。

 肝心の味は美味しいのですが「素材そのまま」なのでコメントに困るところ。あえて言うならば鶏胸肉は「しっとり柔らかく火が通っていて美味しい」ということ。鶏胸肉は自炊すればパサパサになるところですがこちらは下ごしらえや調理方法に工夫があるのかしっとりと仕上がっています。かなり調理やドレッシング類のレパートリーは研究したんだろうなと感じます(やはり相当の研究をしていたようです)。

 確実に言えることは柔らかく塩分が効いていない点で「コンビニのサラダチキンよりは間違いなく美味しい」ということです。各コンビニのサラダチキンは一通り食べたことがあるのでこの点は自信を持って言えます。余計な味付けがされていないので自分で好きなように食べることができるのは大きなメリットに感じます。

 物は試しと注文しましたが実際に食べてみたら美味しくて食べ応えもあり正直みくびっていたと反省です。ドレッシングでレパートリーが稼げるので飽きが来ることは無いと思います。しかし、ランチでこのお値段は私には高いです・・・。コンスタントにこういうメニューを続けるならばやはり自炊を選ばざるを得ません。とはいえコンビニなどで糖質抑えたメニューを見つけるのが難しい時もあります。選択肢に困ったり減量などの追い込み時には良いのかもしれません。あくまでも「栄養バランスの取れた食事と適度な運動」ができていることが前提ですが。

 個人的にはこういうシンプルなメニューは気に入っているのですが何分高価なのでサーモスのシャトルシェフでも導入しようかなどと考えている始末・・・。小さい手ごろなサイズが無いのがネック(小さいモデルで2.8L)。