自転車用フレームバッグは意外と便利なアイテム

 グラベルロードを購入したのはダート走行以外にもキャンプ道具を積載することも想定してのこと。ダボ穴やタイヤ・ギア比・フレーム強度の関係でロードバイクよりもグラベル ロードの方がアドバンテージがあります。

 以前、ロードバイクでテント等を実験的に積載した際はバックパックも使用しましたが、背中に何かを背負うのは非常に疲れます。フレームにダボ穴がほぼ無いのでテント類の積載はまず無理です。また、グラベルロードも同じことが言えますがサドルバッグに荷物をまとめるとカメラ等頻繁に使用する装備の出し入れが面倒です。荷物を極力身に付けず、分散して積載することが快適なライドにつながります。

 すでにブログに登場していますが解決策として「Blackburn(ブラックバーン) フレームバッグ 」を導入しました。

 フレーム内側のスペースに取り付けるので水筒等「小さい割に重いもの」を入れるのがおすすめだと思います。バッグ下部にはファスナーが付いており、さらにバッグを展開して収納スペースを拡張することができます。

 サドルバッグとの比較になりますが、荷物で重量増になってもフレーム中央スペースに治っているので重心が安定しています。サドルバッグの場合は車体を少し傾けただけで振られるのでダウンヒルの際はヒヤッとすることもあります。また、ダンシングも厳しいです。(キャンツーでダンシングする場面はないと思いますが・・・)

 このフレームバッグですが一つ大きな問題が発生。写真を見てお察しの通りボトルホルダーを取り付けることができなくなりました・・・。無理すれば付けられますが取り出しが難しくなります。どうしても取り付けるならダウンチューブ下に付けるしかありません。

 他にもテント・タープのポールが微妙に入らないという問題も・・・。ただ、ポール類が入るバッグにすると今度はフレームサイズの問題で取り付けられない問題が発生します。ポールはトップチューブ上に括り付ける予定です。後は横風に煽られやすくなることも想定されます。このあたりはディスクホイールと同じ構造上の問題です。

 とりあえずサイクリング程度であればボトルやら水筒はフレームバッグに突っ込んでいます。他の荷物が入るスペースも充分確保できているので問題にはなりません。いくつか欠点もありますがフレームバッグはそれを補って余りある便利アイテムだと思います。